阿吽の喧嘩

人生と、そのしのぎ方と死に方と。

他人の悪口言いたくない、巻き込まれたくない人へ ~会話の中で批判の嵐を止める技術に関する一考察~

なぜ、そこまで他人の批判に必死になるのだろうか。しかも同じ内容ばかりでうんざりだよな、と感じる。そんな人が身近におらんですか?

何かしら、事あるごとに批判する。社内での事、ニュースを見て、などきっかけはなんでもよい。自分のかなりせまい基準に照らしているだけ。なのに「あんなものが世間で通用するか」とか言いがちだ。自分はここまでやってきた、という自負がある年上の方が圧倒的に多い。でも、何とか運よくやってこれたと自覚してる者から見ればやっぱり的外れだな、と感じる事が多い。人間が他の人間の事を過不足なく理解なんてできない。ましてや、正確に裁きを下したり評価したりなんてことはちょっと不可能に近いレベルの所業だと思う。

僕が自信がないだけなのだろうか。それとも長年生きるとやはり人間を見抜く能力がそれなりに上がるのだろうか。疑わしい限りだが。

 

そもそもそれが正しい批判だったとして、生産性のある批判であった試しがない。芸能人や政治家とかの悪口も、まあ悪事を働いた方が悪いのだとかは思うけど、「その批判はあなたが心の中で思っておくか、それかブログでアップしておいてくれ」と思う。聞かされてる側は本当には興味ないし楽しくない場合がほとんどじゃないだろうか?  時間泥棒め。

相手の批判にのっかっても話がはずんでしまったらいやだ。逆に「その批判は憶測にすぎないし、こういう見方もあるんじゃないですかね」と言ってみても「いやいや、そんな事言ってもお前さ 考えてみろよ・・・云々」と水掛け論にしかならない。

もう少し、このたぐいの会話ってポジティブなものにならないだろうかと前々からぼんやりと考えていた。一緒に上司の陰口を言って仲間意識を醸成する事に成功してもそこから生まれるものはやはりたかが知れていた。

という事で、自分が年下の場合に限られるがいくつかやってみたい方法を思いついたのでここにメモがわりに書いておく。

 

・相手の批判をほぼ受け流して、相手をほめるかお礼を言う。

この方が早く話が終わる可能性が高い。 まあ終わらなかったとしても会話が終わった時に相手の満足度は高いかな、と思って最近実行しつつある。とにかく批判グセがある人はなんでもかんでも批判している。という事は本人にとっても批判する事そのものが重要ではない。「私をもっと認めなさい」という気持ちの裏返しだと考えるようになった。相手が批判を始めたら、あ、そうそう、と思い出した感じで相手の良い部分やお世話になった事のお礼を言うパターンがベストだろう。いきなり過ぎたらわざとらしいのでタイミングは選ぶだろうけど。最初はお礼を言う細かいきっかけをストックしておく方がハードルが低いと思う。わざわざお礼を言うほどもない事柄でも形の上では「相手から話しかけてきたついでにお礼を言わせていただいた」という演出になるので使いやすくなる。

あと、単純にこちらの方が頭の訓練になる。批判するより褒めるほうが難しいからだ。

 

 

・相手の批判の内容をそのままブーメランのように指摘して、さらに「でも、実はそこが~さんのすごいと思う所ですけどね」とほめてみる。

これは、最初の「批判の内容」を選ぶ必要があるし、相手との関係性も影響する。その点で上級者用と言えるだろう。僕もまだ試した事がないほどだw しかし、決まれば相手の批判マシンガンを止める効果は絶大だろうと予想している。自分が悪口を言っていた内容が自分にも当てはまると指摘されて しかも「そこがいいんですよ」なんて言われてしまったら、僕は即座に反論できる気がしない。「え?まじで? あ、そうなの?」とか言いながらへらへらうすら笑いしかできないだろう。想像すると情けない。

批判の内容は 「引っ込み思案な性格 ⇒ 冷静沈着で思慮深い」など、言い方を変えたら長所になるような場合が使いやすいだろう。 

  僕の中での成功例 (※注 あくまで想像です)  

先輩「なんかさ、アイツちょっと馴れ馴れしくないか? 礼儀ってもん知らないよなー」     

 「え? そうですか? 僕は先輩とアイツはちょっと似てるなと思ってたんですけね。ほらだって、先輩は人の懐に入り込むのとか超うまいじゃないですか? アイツも先輩ほどではないけど、まあそういう才能あるのかなーと・・・・」

先輩「ああー まあ、そうだよな。 おれほどではないけどな。(責めるに責められない)」

僕 (計画通り。ニヤァ)

 

 

 

もし、僕と同じように身近に批判ばっかり言ってくる人がいて、「うんざりしてんだよなー」と感じている人がいたら試してみてはいかがか?  

ニヤニヤしてしまってバレても当方は一切関知しません。

 

ダイエット思考

人を待ちながら、この文章を書いている。

何だか最近、同じような事をぐるぐると考えていて、『でも、こんな事は既に誰かが考えてしまって  かつ、問題解決まで終わっているんだろうな。』

とか会った事すらないような架空の人を羨んだりしてしまって。

すごく非生産的だと自覚はしつつ

あまり具体的に動けないでいる。

黒烏龍茶を飲んでも駄目だし

プロテインも意味がないのだが、

脂肪と似ている気がしてくる。

 

考え事も分解して、1つずつ燃焼させて

行かないと、本当に頭の中が肥満体型になっているような、そんな感覚。

ちゃんと使える筋肉にしていかなければ。

 

マジックとAIの相性を考えてみた。人工知能 VS マジシャンはそもそも成立するのか?

※この文章には、簡単な手品のネタばらし、というか純粋な意味でいうと「ネタとしてのテクニック」に言及しています。 一ミリたりともそういうネタバレは見たくない、読みたくないという稀有な方はこの記事に目を通さない事をおすすめします。

 

最近、 AI (人工知能)の事がよく取り沙汰される。どんどん人間の賢さに近づいており、いずれは追い越されてしまうという説も良くみる。シンギュラリティって言葉の響きだけ無駄に好き。

将棋に関してはとうとうプロの名人が負けてしまったし、囲碁は世界チャンピオンも倒されている。

そんな中で今回のタイトルのような事をふと思い浮かべた。

もっと詳しく言うと、一般の人が見ても全然見破れないレベルの一流のマジシャンのマジックを簡単に見破るようなAIを生み出したとして、そのAIは人間を超えたと言えるのか?という感じになる。

一応、このAIは人間と一緒に暮らし人間の生活全般を補助するアンドロイドという事にしておく。(いわゆる汎用AI)

手品、マジックの類は先入観や思い込みを利用してお客さんの予測を裏切る事で不思議な事が起こったような錯覚を体験させる。マジシャン側がどんなに恐るべきテクニックを駆使してもお客さんに先入観が無ければ手品は成立しない。

極端に言えば、手に握ったコインが勝手に消えるはずはないという『先入観』(一般常識全て含む)がマジシャン側と観客の共通認識として成立していないと、手を開いた時に空っぽでも『・・・で?』みたいな顔をされて終わる事になる。

 

 

 結論としては「賢さ」というものの定義をどう捉えるかという問題になると思うが僕の思うAIの凄みは何といっても「先入観にとらわれない」という点だ。 

これは、物事を省略して考えない(計算の過程を飛ばさない)という事を意味している。

AIの画像認識のレベルは上がってきているので、いずれは問題なくマジシャンのコインのやり取りを認識するようになるだろう。しかし、コインを左手から右手に持ち替えたと見せかけて、そのまま左手に隠し持っているのをAIはどう判断するのだろう。

人間であれば、『持ち替えたと見せかけて実は持ち替えない』などという動作は日常生活ではまず発生しないし、そんな無駄なコトが行われているとは普通思わない。この、『普通思わない』という所が先入観となって結果的にコインが消えたように錯覚する。これは人間の賢さ故で、無駄な情報は少しずつ自動処理できるようになるから日常生活も上手く回るようになっている。歯ブラシはどちらの手で持つんだったっけ?などと毎回考えなくてもよいのはこの機能のおかげ。

テレビでマジシャンが「実は賢い人ほどマジックにひっかかりやすいんです。」などと説明しているのを聞いた事があるが、この辺りの事を言っているのかな?と推察している。観客を不快な気分にさせずに演技を続けるためのリップサービス含めてだろうけれども・・

しかし一方、AIは思いこむという事はない。ただ、淡々とコインの受け渡しの瞬間を見たまま認識してこれまでのデータと照らし合わせ、右手に持っている可能性20%、左に持っている可能性80%と予測をたてるだけかもしれない。またはコインを視認できなくなった途端にコインの行く先などは無視するかも。処理速度にものを言わせ、出てきた瞬間にまたコインを視認すれば困らない。

手を開いて見せて『いえ、確かに右手にコインを握ったはずデス。もう1回お願いシマス。(懇願の表情)』と言い出すアンドロイドは右手にコインを握った可能性が100%と予測をたててしまって思考回路がショート寸前になっているわけだから、可愛げはあるが人間の生活を助ける汎用AIとしてはお粗末だ。 

つまりAIは見破る云々以前に観客として手品を楽しむという芸当ができない。

逆に楽しめてしまうと、それはそれで人間と同じ過ちをおかすAIなのだから人間を超えたとは言い難い。

そういう意味でAIvs マジシャンの対決は将棋などと違って成立しないだろう、と思っている。

トランプにサインしてもらって『これでこのカードと同じものは無いですよね?』と確認すれば

『いえ、ワタクシに命じて頂ければ何枚でも寸分違わずサインしてさしあげますよ?(スマイル)』と言われる日も近いのだ。

成立しなーい。

 

2018/04/06 追記

上記の文章を書いた数日後に

実はこんな記事が出ていた。

mainichi.jp

 

えらいことである。

自分はマジックを楽しめるAIは生まれないだろうし

楽しめるようなAIには問題があると思っていた。

しかし、人間の脳と同じように学習をもとに予測する機能を

たかめていくと「錯覚」を起こすようになったと!

 

これが進化すれば先入観をもってマジックの現象に驚くAIも

いつか完成するという事になる。

これは本当に驚いた。

こうなったらとことんいくだろう。

だまされるとか見破るとかでなく

マジックを演じて人間を驚かしてくれるアンドロイドも

出てきてほしい。マジシャンアンドロイド対決が見たい。

(結論がなんかむちゃくちゃになってしまったが、

 今回のこれとアメリカの自動運転の実験車による死亡事故で

 神レベルの安全性をほこる自動運転車が出てくるのは

 少し未来に遠のいたな、とも感じている。)

 

ハロー、ハローワーク

 この前、会社を辞めました。

 

何か月かブログは読む専門になりつつあり、書く気力を失っておったのだが、

そう言えば「業務の引き継ぎがどうのこうのという記事」を書いてしまっていた。

その後の顛末も一切書いていないのは結構キモチ悪いと思いなおし突然このように書き出したしだいだ。

また、いろんな意味で再出発したい。

 

今、スーパーの駐車場でコーヒーを飲みながらこの文章をまとめている。

つい、さっき最初の失業認定日の処理を終えてハローワークから出てきたばかりだ。

これからどうなることやら。

バイバイ、ハローワーク

ロード・オブ・引き継ぎ3

やはり、引き継ぎノートはあった方がよさそうだ。今日、そう思った。

 

引き継ぎのためのノートをきちんと作ればいざ『辞めます。』と言った時に自分のタイミングで辞めやすくなる。うちの会社は引き継ぎのシステムがないので、下手に辞職しようとすると、そこから三ヶ月くらい引っ張られる事にもなりかねない。僕の前任者がまさにそうだった。

そこそこ求人が増えてきているとニュースでもやっていたのに、次の人が来ないのだ。

誰かが『あんな条件で誰が来んねん』と言っていた。よく考えれば求人事情が改善したということは企業同士で人を取り合う訳だから、ほかのところは今までより好条件で募集かける傾向になるのだから当然だったのかも。しかもうちの条件は入社してから、さらに何段階かウソだったと分かるのだから凄まじい。

 

新人教育のシステムもないから、会社内の仕事を薄ら全体的に把握する必要があるこのポジションでの引き継ぎをまともにできるようなノートが完成すれば、それは簡易的に新人教育のテキスト代わりにもなるんではないだろうか、と考えている。

僕もなかなかポジティブ、かつ不遜な人間になったものだ。

心も身体も、なるべく身軽でいようと思う

かなり昔から僕にはあるイメージがあって、人間の精神にはプラスの世界とマイナスの世界がある、というものだ。その境目はもちろんゼロになる。躁状態か、鬱状態かというのとはまた別だ。

何となく、自分の存在そのものにいい感覚が湧かない、特定の人間関係ではなく世間全体に引け目を感じる、生きていてごめんなさい、みたいな精神の持ちよう。これがマイナス世界。自分の事を全体としては肯定でき、他人と引け目なくつがっていける、俺たちは広い意味で仲間だ、という感覚。こっちがプラス世界だ。この二つの世界はズバッと切り分けられているのではなく、グラデーション的な色変わりをしながら地続きで繋がっている。だから、ゼロ地点はあるといっても広がりを持っている。

総括するとこういうイメージだ。もう少し具体化すると、浮かび上がって水面から顔を出すまでがマイナス世界。

水面は2次元的な広がりをもっている。これが何となくゼロ地点。ようやく息ができる。陸に上がってから自分の足で方向を定めて歩くのがプラス世界。もしかしたら、陸に上がって初めて自分の背中に翼が生えていることに気づき空を飛ぶ人もいるだろう。

 

ここで、強調したいのは、マイナスからゼロまではだいたい似たようなやり方でいけるのだが、ゼロからプラスは人それぞれ全然違う精神作業になるんじゃないかと言う事だ。

マイナス世界は息ができないのでとりあえず苦しい。苦しさから逃れたい、という単純な動機で水面を目指す事になる。

自分で気づいてないうちに抱え込んだり、まとわりつく重荷を捨てるような心の作業で水面まで浮いていく事になる。

動きとしては一直線なイメージだ。

で、ゼロからのスタートだが、ここからは選択肢がほぼ無限にある。自分は果たして何を望みどんな生き方をしたいのか?それを自らの進む方向で示す事になる。これはかなり難易度が高いが、楽しい作業でもあるだろう。既にある道を行くもよし、道無き道を切り拓いて進むもよし、その他の手段で飛んでもいい。

たまに転んで水中世界に落ちちゃう事もあるかもしれないが、それも人生。

 

こういうイメージを僕はボンヤリと描いている。なので、水中で苦しんでいる人なのか?、それとも陸の上で進むべき方向に迷い苦しんでいる人かによってアドバイスや、助け舟の出し方は変えてあげないといけないと思う。

 

この記事の結論はそれだけだ。

 

 今、書きながら気づいたが、上記のイメージはカエルの生態と酷似している。

空を飛ぶ場合はトンボだろうか。

とにかくマイナス世界からプラス世界に入っていく段階には物凄い変化がないと適応できない、という例えだ。

 

まだ足も生えていないオタマジャクシに、早く陸にあがってゲコゲコと元気良く鳴きたまえよ!と励ましたりしていないか、よく考えなければならない。

そう思ってはいる。

思ってるだけだが。

ロード・オブ・引き継ぎ2

・社員の名前

まずは社員の名前を片っ端から覚える。他の部署ならいざ知らず、このポジションは言わば黒子のようなもの。他部署の人が仕事がしやすいようにサポートするのが基本業務となる。自分の部署の人だけ覚えておけば何とかなると思ってはいけない。突然、社長から『あー、ほら、あれを担当しとる、アイツや、あの子だれやったかいな?』と聞かれたら、

『ああ誰々のことですね(´∇`)』

と教えてあげなければならない場面もあるのだ。入れ替わりの激しいこの会社で誰がどこで何をやっておるのかということを常に把握するためにハンター×ハンターのシルバさん並みの「円」を常に張り巡らすイメージで勤務するとよい。

 

・誰がどこで何をやっているかを把握する事のメリット

「円」は修得しただろうか?

先に言っておかなければならないが社長は行方不明になる事が非常に多く、覚えたてのアナタの円では捕えられない場合が多々あるだろう。そこで、困った時はその仕事を誰に相談すれば解決するかを考えなければならない。普段からのサポート業務が出来ていれば、こちらのお願いも聞いて貰えるというもの。愚痴をキチンと聞くのも自然と誰が何をやっているか(または頼りにならないか)が分かる。ただし、工場長の他は全員平社員だとはいえ、やはり部署ごとにボス的存在はいる。小さな会社やから大丈夫と頭越しに案件を持っていくと、後で妙な揉め事に巻き込まれる羽目になるのでそのへんの暗黙のルールは守る事。面倒臭い。