阿吽の喧嘩。

矛盾してる。だが、それでいい。

ロード・オブ・引き継ぎ3

やはり、引き継ぎノートはあった方がよさそうだ。今日、そう思った。 引き継ぎのためのノートをきちんと作ればいざ『辞めます。』と言った時に自分のタイミングで辞めやすくなる。うちの会社は引き継ぎのシステムがないので、下手に辞職しようとすると、そこ…

心も身体も、なるべく身軽でいようと思う

かなり昔から僕にはあるイメージがあって、人間の精神にはプラスの世界とマイナスの世界がある、というものだ。その境目はもちろんゼロになる。躁状態か、鬱状態かというのとはまた別だ。 何となく、自分の存在そのものにいい感覚が湧かない、特定の人間関係…

ロード・オブ・引き継ぎ2

・社員の名前 まずは社員の名前を片っ端から覚える。他の部署ならいざ知らず、このポジションは言わば黒子のようなもの。他部署の人が仕事がしやすいようにサポートするのが基本業務となる。自分の部署の人だけ覚えておけば何とかなると思ってはいけない。突…

じゃあ、Slowly Queenであってるのか?と言われると、本当は違う表現が正解かもしれないのでリアルではこの話はしない。

おばあちゃんが、トボトボと歩いている。そのあゆみは、とても遅いのだが、その方が着ている長袖はかつて息子さんのものだったのかと推測できるが、 『Speed King』 とデカめの刺繍がしてあった。 たまに着ている服の文字と本人が合わないパターンは見かける…

ロード・オブ・引き継ぎ

とりあえず、会社を辞めようと思い立ったのでこれからは引き継ぎのためのメモ書きのようなものをちょっとずつ残しておこうっと。 誰にもまだ言ってないし、いつになることやら分からない。 ・工場長について 読んで字のごとく、工場の長である。 そもそも、組…

好きな事を職業にできた人は諸々鑑みてやはり幸せと言って差し支えないように思う。

対人関係をウワベだけでも良くしようと考えている僕にとって笑顔というのはかなり重要なツールになっている。 愛想笑いもそこそこ使うし、相手も愛想笑いだと気づいている前提で使うのがいわゆるオトナのやり方なんだと最近は思う。やはり円滑にできるところ…

「感謝」よりも「納得」という言葉の方が納得できるので、それを大切にしていこうと思う。あるいは、「感謝してほしければ、納得させてみろ」

今週のお題「2017年にやりたいこと」 今まで、「今年はこれこれをやるぞ」と思ってできた試しはないので、結局は今こう思っているというだけの事になりそうだが、(そう言えばこのブログはそういう事のメモみたいなものだ)「感謝」という感情は「納得」の後に…

平等な衝撃

『私は社員を平等に扱う』 とあの人は言った。 それからというもの、平等に扱われた事は一度もないと思うが最近になって分かってきた。なぜ、あの人はあんなに差別しながら恥ずかしげもなく『平等』などと言えるのか。ずっと考えていた。 あの人は適当に嘘を…

原因と解決策を突き止める事そのものについて

何人か鬱、または躁鬱だった知り合いがいる。自分は『ちょっと多いような気がする』と思っていたが、今日このごろとしては鬱の知り合いが複数いるくらい普通なのだろうな、と思うようになった。たぶん、自分の事を普通の人間だとどこか納得するところが多く…

ダブン。 落ちた。水の中にだ。冷たくもなく、熱くもない。どこから落ちてきたのか、彼はよく分からなかったが、陸はすぐそこにあったので安心した。良かった。と思った時に少し離れた所でまたダブン!と何かが水に入る音がした。落ちたのか、落とされたのか…

自分は何にもならない。

僕とあの人は他人だ。 自分もあの人みたいに稼げるようになりたい、とか モテるようになりたい、とか センスのある笑いを提供したい、とかそういうのは無理だ。 あの人と僕は違う人間だからだ。僕なりの稼ぎ方をして、僕なりのモテ方をし、僕ができる程度の…

自分を大切にできなくても仕方ないんじゃないか。時間が解決するのを待ちつつ、あと、Uさんへ綴った言葉。

よく聞く言葉なんだけど、自分を大切にしなければ、他人を大切にはできないらしい。 しかし、僕自身の経験では自分を嫌いな人は「自分をちゃんと好きになれない自分」そのものが嫌いなので、かなり詰んだ状態にあると思う。 そんな状態で、自分を愛しなさい…

書かない事を書きなさい。

『やらないことを決めなさい』 島原隆志 著を読んでる途中だ。ふと思いついたので、 「このブログでは書かない事」を考えてみた。 テレビゲームでいう縛りプレイである。・お金持ちになる方法 ・単純な二元論 ・特定できる他人や団体、宗教観に対する批判 ・…

タートルトーク

会社まで駅から歩いていく。 その途中にはため池があり、カメがすんでいるのだけど、 普段は「優雅に泳いでるな」とかしか思わない。(カメよりも蛙とかの方に興味がいってしまうからだ。この前ウシガエルのオタマジャクシと思われる生物を見てウシガエルの成…

蜘蛛

数日前の夜中に蜘蛛を見つけた。 自分の部屋で寝ようか、ちょっとニコ動でもたしなんでからにしようかという時だった。ちょっと大きめ、ハエトリグモの仲間だったと思う。 地域によって差はあるらしいがウチでは「夜の蜘蛛は殺すな」という教えがある。 なぜ…

だから何だという話だが。

これはつい最近の事だが、 いい意味でも わるい意味でも 自分は普通の人間なのだ、 と納得した。昔から自分はトクベツな人間だ、という 幻想に捕らわれていて、周りと自分の間に広がるこの違和感はなんだ?とかそういう感覚に悩まされていた。 自分以外の他…

バラバラフェスティバル

人間は自分と同質な人間といた方がとりあえずは楽だと思う。色んな背景が一緒だといちいち説明しなくていい。「コミュニケーションコスト」なるものが低いと表現できるらしい。年齢なんかは最たるもので、例に出すまでもないだろうから、出さない。 では何を…

イメージはダメージ

イメージを操作できるかどうかって話なのだが、ちょっとした欠点でも自覚的かどうかで 頭がいいかどうかの印象がちがうと思う。 ただ感情的に悪口言ってるだけやなぁと感じる人と、意識して毒舌やってますって分かる人だと「善し悪し」は置いといて後者の方…

近しい人のTwitterを特定した。

特定した、というと何か僕が努力したみたいに聞こえるが、あちらも本名でアカウント登録してるんだからどうという事はない。しかし面白くなかった。普通もうちょっと面白いでしょうよ!まあ、僕が読むために投稿してるわけはないので当たり前なのだが、何と…

一つ言える事は「こんなに尽くしたのに…」と思いそうになったらそれ以上の親切は一旦やめてみてもよいかもよ?くらいだ。

昔は誰かに親切にされた時はとても素直に嬉しくなったものだが 年をとるにつれて「この人は自分に優しくする事によってどういうメリットを得ようとしているか」とほぼ自動的に思考するようになった。オートマチックにだ。 成長したと感じるものの、ふと恐ろ…

人生エクササイズ

人生について考えてみようと思った。 10分だけ。まず、人生全体に対する目標をたてることの難しさである。高すぎても、低すぎても害がある。 こだわりなく、今を生きる、いうのも素晴らしいと思うがそれじたいが物凄くハイレベルな目標やないか! どうすれ…

「他人からの承認」という供給がないなら、とりあえずは自家発電でいいんじゃないのか?それで充電してから他人のために動いても悪くないと思う。

もうだいぶ前になるが、NHKの「ニッポンのジレンマ」という番組で、『承認欲求が肥大化する社会でどういうスタンスで生きていけばいいのか?』という話をしていた。今年の元日SPの反響をうけての特別枠だったらしく、いつもより人数が少なめ。そのぶん、元…

サンジのタバコ

まあ、カフェインが多少カラダに悪いぞ?という事になったとて、僕は毎日コーヒーを飲むんじゃなかろうか?と思った瞬間に「ああ、タバコが好きな人はこういう感覚なのかな?」と思い至った。 ニュースでカフェイン中毒死の記事を見たときのこと。 親が『コ…

自由の女神は動けない

僕は理屈っぽい性格だが、 「矛盾をはらんだ言葉遊び」は 何だか好きである。 そもそも「矛盾」という言葉の成り立ちとなったエピソードじたいが芸術的であると思う。 ビン詰めにされた、何でも溶かす液体。 とか、 この文章は嘘である。 とかは、なかなか秀…

厄介な、でも頼りにしている、この性格の話

『そんなんで、おまえ疲れないのか?』 いつも理屈っぽい考え方をしていると、たまにこう聞かれる。 あと、同じくらいたま~にだが、役に立つ事もある。例えば、過去の出来事を思い出す必要にせまられた時。理屈っぽいということはすなわち思考の飛躍が少な…

誰に騙されるか。

思想、信条、哲学、思考回路。そのどれもが他の誰かの影響でなりたっている。 プラス方面だけでなく、「こうはなるまい」というマイナス方面でも。 無意識下の反面教師はたくさんいるだろう。何を信じるのか、また幼少時代なら誰に騙されるか。これほど人生…

なんか引っかけ問題みたいになってしまったけど、会話する時僕が意識している事あれこれ

以前の記事の各タイプにどう対処していくかという話。 二つに分類しっぱなしだったので やっぱりなんか書いておこうと思う。 ・定型よりのタイプ これも大ざっぱなもんで、僕からぱっと見て「自スペっぽさ」があまりないな、と思った場合、消去法でこちらに…

自己開示は二段構えにしとくと、色んな面で心に余裕が出る話

他人と仲良くなるヒケツ!としてよく挙がるテクニックに『自己開示』というのがある。まず、個人的な情報を相手に与える。すると、相手もそれに見合った個人的な情報を喋ってくれやすい。その繰り返しでお互いの距離が早く縮まる、という寸法だ。 逆に、自分…

書く事があまりないとこうなる。

何も書くことがない。って言う人の気持ちはわかる。実際は書くことそのものはあるはずなのだ。一切、全くない人ってあまりいないだろう。ただ、『それをブログに書いたところでどうなるんだよ』ってことだと思う。そのへんの心理的な壁を乗り越えなければブ…

アキネーター、なかなかアキない、秋のよる。

基本、僕はこのブログから実社会の自分を特定されないように書いているつもりだ。 『万が一、ピンポイントで両親に読まれたら今後の記事の展開しだいではヤバいかもしれないが。』、くらいの慎重派である。まあ、身元バレたところで問題になるような事を書い…