阿吽の喧嘩。

矛盾してる。だが、それでいい。

「この話の主人公には共感できない」という感想に共感できない。

会社で「三分間待ってやる」というセリフが通じなかった。自分より少し年上で子供もいるんだからラピュタくらい知ってるやろうと高をくくっていた僕が愚かだった。 多少声も似せて言っただけに『は?』みたいな顔された時の衝撃は計り知れない… 僕の中でジブ…

このブログも遊びみたいになればいい。

前の記事の「バイキンマンがいなけりゃアンパンマン成立しない説」から派生して思いついた事を書きます。 全然派生してないかもしれないからその点は先に謝っておく。ペコリ 突然だが、仕事の究極目的って「その仕事自身がいらなくなる事」だと思う。犯罪の…

妄想将棋

ちょっと将棋の話をさせて頂く前に 『将棋ってよくわからないわー。3月のライオン読んでるくらいやわー』という人にもよく分かる説明を一つ。 将棋とは一対一で玉を攻め合い、そして最後に羽生が勝つゲームである。 (プロ棋士 藤井 猛) さて、自分は将棋を…

自己肯定感がないとそれだけで疲れる。疲れるといいタイトルが浮かばない。『ああ悔しい』というこの感情をどうすればいいのかという話

自閉症スペクトラムを主なテーマで書いていこうと思い描きながら始めたこのブログ、いざ始めてみると「自己肯定感」について考えている事が多く、自閉症スペクトラムはそのためのとっかかりだったんだなと納得した。自分だけで納得して申し訳ない。今の僕は…

会話に苦手意識があると、連休のたびに「雑談のネタづくりに外出するかどうか」で迷う。

シルバーウィークとやらをどこにも行かずに過ごした。僕と連休は仲が悪い。いや、それほど気にしてはないのだが、連休終わりの『お休みの間はどっか行ったんですか?』みたいな雑談の切り出しは相手が引きこもりタイプかどうか見極めてからにして頂きたい。 …

「あの人は今、」とかいう企画は芸能界で返り咲きたい人以外には拷問なわけでして。

その人が好きかどうかと会いたいかどうかは、また別だ。 どこかでおもしろおかしくやってるならそれでいいし、静かに自分の時間をひっそりと、しかししっかり堪能しているならそれもまた良し。 相手が今どうしてるか確認したい、とも思わない事が多い。 目の…

「冗談、冗談。怒んないでよー」とか言うやつは冗談抜きで喋らせたらスカみたいな人間ならいいのに…と思ってるのは秘密だ!

下書きを読み返してる段階で『なんか読みにくいな』と思った。 出来心で見出しを使ってみる。 なるべく精神的に自由でいたい。 自閉症スペクトラム的な特徴とどう折り合いつけるか、という問題と並びたつ、自分にとっては重要なテーマ。 僕はある種のプレッ…

自分のタイプを自覚すること

ちょっと今考えている。 自分はやはり倫理観に欠けているのか、それかサイコパス的なんじゃないのかみたいな妄想にとらわれている。でも自分の感覚じたいに善悪もないや、と思っているし、『こう感じるのはおかしい』、とか考えだすとそれこそ気が狂ってしま…

他人の役に立つってどうすればいいのか

コレってすごく複雑な問題で、「ありがた迷惑」とか「よけいなお世話」とか「過ぎたるは及ばざるがごとし」などという言葉に代表されるように(最後のは違うか?)一方的な親切は相手を幸せにしないし、何なら断りにくいだけにある意味 暴力と化すところがあ…

発達障害の事を知ってから「マツコ 有吉の怒り新党」で多数派(定型の人達)の思考パターンを学習できる気になっているけど、果たして大丈夫なのだろうか。

前の記事で「複雑な人間がすき」みたいに書いたものの、普段は精神的にラクする事ばかり考えている。矛盾しているけど、それでいい。タイトルの通り、怒り新党をちょくちょく見ている。たしか発達障害の事を意識する前から見てはいたとおもう。何でこの番組…

特に政治家は目指していないから、「決断しない力」について擁護してみる。

そんなにたくさんの記事を投稿 してはいないけど、このブログを 読み返してみたら、 『キャラが定まってない、 というか自分って 思ってたより情緒不安定 なんじゃねーか?…』と 心配になった。ありのままの自分も分からんし、 こうじゃなきゃいけない理想の…

事件に対するニュースキャスターのため息まじりのコメントを聞きながら時々思う事。

いつだかは忘れたが、『借り物でない自分の言葉で語ろう』というメッセージを聞いた事がある。借り物の言葉っていうのは、本で読んだもの、または映画の登場人物や、テレビの有名人が言ってたちょっといいなと思った言葉。あとは、他人のブログに書いてあっ…

正直者が馬鹿をみるとは限らないが『ご苦労様です。』

正直者は馬鹿をみるって 昔からあることわざ?格言だったっけ?ちょっと分からないけど、短い言葉でまあまあこの世の中を表しておる。知り合いの中には『ほら私、物怖じしない性格なんで割と正直に何でも言っちゃう方じゃないですかー』的存在もいる。『凄い…

さあ、正義の話じゃないかもしれないが、話をしよう!

子供のころ、物語の主人公を好きになる事がすくなかった。 正義という大義名分のもと、悪い奴らをボッコボコにして感謝される系の人物に憧れを覚えなかった、という方が正確か。近ごろは何というか、ダークヒーローみたいなのも増えたので、主人公=正義の味…

皮肉を徒然なるままに書いてみただけ。

あのーすいません。 鞄、当たってますよ? あなたのリュックがこう、電車ゆれるたびに僕の背中にビシビシと当たってきてますよ? 分かってるよね? 感覚あるもんね? 気づかないフリきめこんでんだよね?いいよね。あなたのような鉄の心臓を 持って生まれて…

カエルについて語る

カエル、それは両生類。 ハイブリッドな生き物というイメージを持っていたけど実際には水中にも陸上にも適応し損ねてる。そこが、はかない。大人になると肺呼吸ゆえにずっと水に潜っていられない。かといって、身体の表面が乾燥しても死んでしまうので水辺か…

マイナスの自己肯定感を底上げするために理論武装してますが何か?

世の中で自己肯定感(自分で自分を認める、または許してあげるような感覚)をしっかりと持てている人はどれだけいるんだろうか・・事あるごとに自らを責めてしまうのがクセになっている人もたくさんいるだろうと予想できる。 本屋さんに行き、心理学とか思想…

森博嗣のエッセイ読むと元気が出るのは僕だけかい?

最近、やたらと読んでいる気がする。とりあえず押し付けるような所がない。いちいち反発せずに読める。 内容云々ではなく、森博嗣は「私はこう思うがいかがか?」というスタンスを基本的に崩さないのでそこが好き。 それでいて、日常的な範囲から意外な角度…

怒りの感情について②

「阿」『確かにね。そういう面はある。認めよう。』「吽」 うむ。これにて一件落着。『いやいや、話終わらせるな!本題は「怒り」の方だからね?』あーそうか。正直、興味なくなってきたんで止めにしないか?『止めにしない。それでね、仕事でどうしても納得…

怒りの感情について

・「阿」 『なあ、怒りという感情に関して少し思う事があるんだが。』 (以下、『』の言葉は「阿」のものとします。) ・「吽」 ほう、どんな? (以下、『』に囲まれてない言葉は「吽」のものとします。)『元々、自分は対人恐怖の感覚に長い間悩まされてき…

完璧主義からの脱却

なかなか安定して記事をアップできない。もう少しコンスタントにアップしていける方法を確立したいのだが、どうしたものか…まだやり始めたばかりなのだから、悩んでばかりいないでアップすればいいじゃないか。という自分。 そんな半端モノな記事を読まされ…

言葉遊び かもしれないが…

『多様な価値観を認めよう。』 『お互いを理解し合おう。』 社会の中で色んな立場から こういう意見が多く聞かれるようになったと思う。実際には、宗教とか他の国の文化に ついての言葉である事が大半だが、 定形の人達と違った感覚を持つ事の多い 『自閉症…

雑談という名の戦い。

社会人になってから、 やけに苦労するようになった。仕事の内容などではなく、 『雑談』だ。一つのテーマで何らかの結論を 求めて行う議論ではなく、 ただコミュニケーションが目的であるだけの、会話。これがなかなか苦痛である。 その場に応じた話題をとっ…

発達障害と私。

私にとって、自閉症スペクトラムの知識は『人間関係』というものを理解する上での地図みたいなもの。知る、理解するという事は大切だ。 自分が発達障害じゃないか?と 初めて疑いを持ったのは社会に出て二年たった頃。 それから、色んな情報をもとに 『その…

心境の変化。

数年前は『ブログとか絶対しない』と思っていた。1つ、謝りたい。『絶対』という言葉を 軽く使っていた事を お許し下さい。