読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

阿吽の喧嘩。

矛盾してる。だが、それでいい。

雑談という名の戦い。

社会人になってから、
やけに苦労するようになった。

仕事の内容などではなく、
『雑談』だ。

一つのテーマで何らかの結論を
求めて行う議論ではなく、
ただコミュニケーションが目的であるだけの、会話。

これがなかなか苦痛である。
その場に応じた話題をとっさに
提供できない。
変な沈黙ができる。
3人以上になったらいてもいなくても
一緒みたいになる。
昔は本当に休み時間がつらかった。

最近は試行錯誤のかいあって、
やっと場の空気を読んでる風に
装う事ができている。
(と願うばかりだ。客観的な評価はどうしても限界というものがある。)

私の基本的な戦略は

  • 相手から話しかけられた場合、まず目的がキチンとあるのか?を考える。

ただ暇で喋りたいだけなのか、本題に入る前置きとしての戦略的雑談なのかでこちらも心構えを変えなければならない。
ここを読み間違えると初っ端からはずかしい感じになる。

  • 時間潰し雑談だと判断したら、相手が喜びそうな事を頑張って言うようにする。

会話の中で、ひと笑いおこせれば御の字。

  • 相手が興味なさそうと判断したらその話題はなるべくフェードアウトする。深追いはしない。

こんな感じで頑張っている。
結局、頑張らないといけないので
あんまり楽しくないなぁというのが
本音だが、関連する本を読んでいると
一般人の7割くらいは雑談は苦手と
書いてあったので、
『皆おんなじなんだ』と
自分を慰めながら、雑談という戦場に
今日も身を投じるのである。