阿吽の喧嘩。

矛盾してる。だが、それでいい。

正直者が馬鹿をみるとは限らないが『ご苦労様です。』


正直者は馬鹿をみるって
昔からあることわざ?格言だったっけ?

ちょっと分からないけど、短い言葉でまあまあこの世の中を表しておる。

知り合いの中には『ほら私、物怖じしない性格なんで割と正直に何でも言っちゃう方じゃないですかー』的存在もいる。

『凄いよねー、なかなかできないよ』と褒めてあげると(正確には皮肉だと思うんだが)そこそこ嬉しそうだ。
そして、少しずつその人に対する周囲の評価が変化していくのも見ているので、僕の総括としては
『ご苦労さまです。(ペコリ)』という所に落ち着いてきている。
分かりにくい文だな、これ。

ぶっちゃけ正直者で全然構わない。だけれど、どれだけ計算して演じてるのかで性質が分かれてくると思う。
自分を貫く(空気に合わさず、意見を曲げない)戦略は本人にとって単純で精神衛生上もよさげ。
その場しのぎの嘘はつかないと決めてしまえば迷わずにすむし。素のままの態度を貫けるなら、少なくとも天真爛漫という印象で片づく。周囲の人達の対応による。ある意味他力本願だ。
僕からすれば、本当に重要な事を相談しようっていう対象にはならないと思う。


稀に意識して「嘘つかない縛り」をかけてそうな人もいる。(昔の僕はこれ。)このパターンはだいぶ辛いわりにそんなに得はしない。駄目やん…
「なるべく誠実に」って自閉症スペクトラム(以下、自スペ)的なこだわりを
自分の中でかかげてしまうと、
余り関わらない人らからは一応信頼され、近しい人達の方をいつの間にか敵に回してしまう事が多い。
それと、雑談が苦手になります。
効果テキメンです。ソースは俺。

会話の中での冗談とかは嘘と表裏一体だから
そういうのが気軽に言えないキャラだと
自分も相手も気をつかう。
ふと、面白いフレーズが閃いても、
『あ、でも僕がこれ言うのは変やな。』とか自意識過剰になる。
一瞬、固くなる。こんな感じで
トランセルスパイラルに(そんなものは無い)はまってる人は意外と多いはず。

怖いのはちゃんと正直者を演じながら嘘もシッカリ使い分ける人。
ある意味ワザと正直な事をちょくちょく言って損をして、他人からの「信頼」を貯金してる。
そして、まさかアイツが?みたいな大きな嘘でピンチを鮮やかに切り抜ける、そういう人に、私はなりたい。(エッ?!)

結論、正直者は馬鹿をみるとは限らないけど、ご苦労様です。

本音をそのまま言って周りが和んで
いい感じになる、ローラみたいな人は
何万人に一人やろうし、何ならローラだって
嘘ついてるよね?ちょっとくらい。

だから、嘘はついていこう!
どんどんついていきましょう。
エブリデイ、エイプリルフール。
その方が楽です。

無条件で自分に嘘を禁止してた人は
明日からでも試してみてくれ。
とりあえず「誰も得しないし、損もしない無害な嘘」から始めよう。
それの延長線上に「冗談が言えるキャラ」という物があると思う。
どこまでが嘘で、どこまで本気なのか分からないって評価が得られれば、どことなく理想かなぁって思う。
後はバランスだろう。


もちろん、悪意100パーセントな嘘をつくことはしない方がいいし、ラクな生き方は本人で選んでいくしかない。
でも「ああ、こういう選択肢もあったのか」という思考は常にしていきたい。

(合掌)