阿吽の喧嘩。

矛盾してる。だが、それでいい。

バラバラフェスティバル

人間は自分と同質な人間といた方がとりあえずは楽だと思う。色んな背景が一緒だといちいち説明しなくていい。「コミュニケーションコスト」なるものが低いと表現できるらしい。年齢なんかは最たるもので、例に出すまでもないだろうから、出さない。
では何を例えとすればよいのか?パッと思いつくのは金銭感覚とかだろか?
これが全然違う人と長期間付き合いを続けるのは至難の業だろう。貧乏人が金持ちに合わせるのは無理だが、その逆は簡単なように思える。しかしそれもかなりの柔軟さが双方になければ成立しない関係性だと思うのだ。
年収2000万とかの人と一緒にコンビニに行って、僕が「120円のおかかにするか、ちょっとフンパツして160円の焼き鮭にするか、それが問題だ。」とか言いながら、5分くらい迷ってたらどうだろう?
恐らく2000万の方は
『は?どっちも魚類やないか。早く決めろよ…』とか突っ込んでくれればまだいい方で、愛想をつかしてカウンタックで走り去ってしまうだろう。

少ーし話はそれたが、バックグラウンドが違うとなかなか大変だという事が言いたかったと見せかけて、実は違う事をこれから書く。

僕はバラバラな、どちらかと言えばあまりまとまりのない集団の中にいる方がしっくりくる。この話を赤の他人とした事はないけど、同意してくれる人はそこそこいるんじゃないかと思う。
その理由はかなり卑屈で、性質が不揃いな集団にいた方が自分のマイナスポイントが目立たない気がする、というものだ。あくまで気の持ちようだが…
不思議と自分の存在が許されるような、そういう感覚に包まれる。

同質な集団はそのまとまり故に同調圧力が働く。その組織のカラーみたいなものと違う色合いを出そうものなら、あっと言う間に染めようとしてくる。
バラバラな集団だとそれがないのだ。
それだけで精神的な呼吸がしやすい。
自分が引け目に思っているちょっとした事がバレてもそこまで突っ込まないでくれる。発達障害の人達の自助会に行った時も心地よかった。話をしに集まってるはずなのに、パソコンでずっと絵を書いてる女の子もいれば『ちょっと疲れた』から急に眠りだす人までいたが、周りも誰も突っ込まない。
すげー自由やな、と最初は驚いたが
バラバラな人間がバラバラのまま、そこにいる事が許される空間はとても新鮮だった。

中、高あたりは学校というのは閉鎖的なところだ、というステレオタイプなイメージをずっと持っていた。ちょっとでも変な事をしたらすぐに笑いのたねにされるから、縮こまってた記憶しかない。
変わった事をやって皆に認められるのは、いわゆるクラスのヒエラルキー上位の人だけだったと思う。昔はそういう暗黙の不平等に納得がいかなくてイライラしていた。まあ、今も納得はしていないか。
でも、今いる集団がバラバラで心地よいと感じるのは、他人をちゃんと観察する余裕が昔よりはできただけなのかもしれない、と思うようになった。
本当は高校のころも、しっかりと個性的だったはずで、記憶の中の学校のイメージは全部自分の被害妄想だったのかもしれない。今となっては客観視する術がないのが残念だ。

そう言えばワンピースの単行本でバラバラの実を食べたバギーが出てきた時、『あ、こいつ絶対桑原や!幽白の桑原の声に違いない』って確信して、アニメの初登場シーンで密かに喜んでいたのを思い出した。
「うらめしぃ!!」と
「むぎわらぁ!!」がすぐに
一致したもん。
ルフィがクリリンだった衝撃の方が圧倒的だったけども。