読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

阿吽の喧嘩。

矛盾してる。だが、それでいい。

原因と解決策を突き止める事そのものについて

何人か鬱、または躁鬱だった知り合いがいる。自分は『ちょっと多いような気がする』と思っていたが、今日このごろとしては鬱の知り合いが複数いるくらい普通なのだろうな、と思うようになった。たぶん、自分の事を普通の人間だとどこか納得するところが多くなったせいもある。
で、当然ながら心療内科やカウンセラーに通った話を聞く機会もあるのだが、だいたいが『意味が無かった、あんなのお金の無駄だ』みたいな結論だった。
世の中には「TVとか本で見るような名医」がたくさんいる、と何となく自分は思っていたし、外科とか内科とかよりは患者の心じたいを重視してくれそう(重視しない心療内科って逆に凄いが。)なイメージがあったので、周囲からの『あんまり親身になってくれなかった。』とか『勝手に自分の心の問題に結論を出された感じがした』という感想が多い事に驚いている。
そんなにアレなのか?日本の精神医学の領域はレベルが低いのか?それとも患者の数が急増しすぎで一人一人に丁寧な対応をしている場合ではないのかもしれない。きっと診察する側に回らないと分からない事情があるんだろうけど、やはりハズレの先生の確率が高い気がする。相性の問題だけではないと思うのだが、専門家でも何でもないので断定的な事は何一つ言えない。
しかし、
『あんたに分かるわけないじゃん、他人だもの』と患者さんは皆どこかでは思ってるんじゃないのか?
そう思いつつ、さあ、私のココロの問題を解決せよ!と迫るわけだからなかなか天の邪鬼な存在だと僕は認識してる。
話を聞いた中で、たまたま「いい先生」に出会った例を聞いたが、その先生は一通り話を聞いたあとで、
『いやー、いるいる。いますよ、そういう人。』と事実だけを言う人だったらしい。たぶん原因はこうやとか、あんまり講釈はせずに、この薬効き目は緩めやけど、一回飲んでみようか?って感じだったらしい。その対応だけ切り取れば、素人でもできそうな気がしてくるが、患者としては好感もてた「いい先生」だったのだそうだ。この話をしてくれた彼は今まあまあ調子が良いようだ。
僕ははっきり言ってすぐに問題を解決したがる傾向がある。理屈っぽい人間なのでそれが普通だ。何の結論も出ない雑談は今でも苦手だと悩む事もある。でも、こういうのを聞いてるとやっぱりぐっと踏みとどまって相手の話を聴くだけにしておく方が相手の心を軽くできるケースは多そうだな。