阿吽の喧嘩。

矛盾してる。だが、それでいい。

ロード・オブ・引き継ぎ2

・社員の名前

まずは社員の名前を片っ端から覚える。他の部署ならいざ知らず、このポジションは言わば黒子のようなもの。他部署の人が仕事がしやすいようにサポートするのが基本業務となる。自分の部署の人だけ覚えておけば何とかなると思ってはいけない。突然、社長から『あー、ほら、あれを担当しとる、アイツや、あの子だれやったかいな?』と聞かれたら、

『ああ誰々のことですね(´∇`)』

と教えてあげなければならない場面もあるのだ。入れ替わりの激しいこの会社で誰がどこで何をやっておるのかということを常に把握するためにハンター×ハンターのシルバさん並みの「円」を常に張り巡らすイメージで勤務するとよい。

 

・誰がどこで何をやっているかを把握する事のメリット

「円」は修得しただろうか?

先に言っておかなければならないが社長は行方不明になる事が非常に多く、覚えたてのアナタの円では捕えられない場合が多々あるだろう。そこで、困った時はその仕事を誰に相談すれば解決するかを考えなければならない。普段からのサポート業務が出来ていれば、こちらのお願いも聞いて貰えるというもの。愚痴をキチンと聞くのも自然と誰が何をやっているか(または頼りにならないか)が分かる。ただし、工場長の他は全員平社員だとはいえ、やはり部署ごとにボス的存在はいる。小さな会社やから大丈夫と頭越しに案件を持っていくと、後で妙な揉め事に巻き込まれる羽目になるのでそのへんの暗黙のルールは守る事。面倒臭い。